歯医者
歯医者
歯医者
Arrow
Arrow

待合室の工夫

歯科医院に限らず、待合室でTVDVDを流し、診療台に同じないような工夫が必要です。患者に子どもが多いケースにおいては、ディズニーやアニメの動画を用意することも一つの方法でしょう。いずれにしても、予約制であっても待ち時間が長くなってしまうというケースはありますので、時間に余裕を持たせる。待たせる間の工夫をするなどが大事になって来ます。

また、待合室は情報提供の場でもありますので、医院の専門性をアピールする場にもなります。たとえば、インプラントに強みのある歯科医院であれば、インプラントのポスターを貼るなどして、情報提供をすることで認知度を高めることができます。

また、情報提供するにあたって重要なのが、ビフォアアフターを見せることです。ビフォアアフターを見せることで、その技術の確かさを明確に理解してもらえるからです。ビフォーアフターを見せることで、患者さんの求める理想と現状の悩みが明らかになり、自分もそうなりたいという意欲が患者さんにわいて来る可能性が高くなります。治療後にどうなるのかをイメージできるような工夫をして行きましょう。

また、医院長が技術を上げるために学んだことは待合室に置くなどして、アピールして行きましょう。